「麗春」(白孔雀)




華やかに、高い品性をもって描かれている【白孔雀】
優雅で神聖な姿は見るものの心を奪います。

優しく舞う桜の花びらが、静寂観を漂わせ、孔雀本来の美しさをより際立たせています。

古来より鳥はつがいで描かれることが多く、特に孔雀は夫婦円満を表す縁起の良い鳥。
オスの大きな尾羽は"求愛"を意味し、メスはこの美しい羽の豪華さによって相手を選ぶとされています。

ご披露宴やご結納の席に相応しい白孔雀。
エレガントでロマンティックなロココ調インテリアにもおすすめです。




recommendこんな方におすすめ

・ご結婚式でお二人の記念撮影の背景に
・料亭やホテルのご結納の席に飾る金屏風として
・女性が集まるサロンの一室に
・ロココ調インテリアに
・海外の別荘のインテリアに
・海外の日本料理店やお茶屋さん等日系飲食店のディスプレイ
・海外の方を多くお迎えするパーティーやイベントのディスプレイ


▼作者
栗原 幸彦
KURIHARA YUKIHIKO

静岡を中心に活動する日本画家。

昭和26年(1951年)浜松市に生まれる
昭和51年(1976年)多摩美術大学日本画科卒業
昭和55年(1980年)第2回中日展にて大賞受賞
昭和59年(1984年)第39回春の院展に「初夏」を出品し初入選する
昭和60年(1985年)「浜松わた しのイメージ展」大賞受賞
昭和61年(1986年)再興第71回院展に「碧」を出品し初入選する
昭和63年(1988年)日本美術院 院友推挙
平成9年(1997年)自選展(平野美術館/浜松)
平成12年(2000年)個展「季の贈り物」(成川美術館/箱根) 静岡文化奨励賞
平成13年(2001年)浜松ゆかりの芸術家顕彰を受ける
平成14年(2002年)自選展(浜松市美術館)、個展 (浜松市美術館)
「日本の美 さくら展」(島 田市博物館、企画&プロデュース:アートフォースM&K・亀岡光則)に「桜図屏風」(四曲一隻)を出品
平成16年(2004年)個展(成川美術館)
平成22年(2010年)個展 �森町・小国神社 �郷さくら美術館/福島県郡山市
平成23年(2011年)第16回現代作家美術展に参加(浜松市立秋野不矩美術館)
東日本大震災復興チャリテイーオークション「今日の美術展」参加(東京美術倶楽部)    
平成24年(2012年)第17回現代作家美術展に参加(浜松市立秋野不矩美術館) 
美術作家による震災遺児支援3.11きずな展:チャリテイーオークション参加(高島屋/東京、京都)
平成26年(2014年)三菱東京UFJ銀行のカレンダーに採用される
4月小國神社で3度目の個展”霊峰富士と日本三大桜の協演” 10月松坂屋・名古屋店で個展 
平成27年(2015年)「もうひとりの私展」(抽象画、フォト&ギャラリー広沢、浜松)
平成28年(2016年) 個展・小国神社(龍の作品をフィーチャー)

▼作品詳細

【四曲一隻屏風】 紙本彩色







▼展示風景





▼価格
お問い合わせください。

▼サイズ
高さ(Height)・・・180cm
横幅(Width)・・・360cm
※折りたたむと180cm×85cm×10cmぐらいです

空間シミュレーション こんな空間に飾っていただきたい








※作品を事前にご覧になりたい場合はご連絡ください。


 
販売価格
0円(内税)
購入数